阅读:653回复:0

[LACM-34082]スモルワールドロップ

01#
更多 发布于:2018-12-08 12:31
TV动画《RDG 濒危物种少女》片头曲

歌手:Annabel
发行日期:2013-04-24
售价:1800 YEN


Front & Back

描述:Front

图片:resize_image.jpg

Front

描述:Back

图片:IMG_0004.png

Back




Credits

[スモルワールドロップ]
Drums: 宮田繁男
Guitar: 遠山哲朗
Bass: 渡辺等
Piano: 紺野紗衣
Strings: 藤堂昌彦ストリングス

[指標]
Guitar: 遠山哲朗
Bass: 渡辺等
Violin & Viola: 真部裕

Performed & Created by Annabel

Produced & Directed by 伊藤善之 (Lantis)

Sound Produced by myu

Mixing Engineer: 西沢栄一,高田浩太郎
Recording Engineer: 高田浩太郎, 森田信之
Mastering Engineer: 袴田剛史 (FLAIR)

A&R: 佐藤和孝, 吉江輝成(Lantis)

Creative Producer: 小島冬樹 (Lantis)
Art Direction & Design: 大浦祐介, 朝日康穂(Unitegraphica)
Photographer: 大森直(SECESSION)
Styling: ゴウダアツコ
Hair & Make-up: 大橋美沙子(fringe)

Artist Management: 清水恒介, 井上美波(Victor Music Arts)

Promotion in Chief: 鈴木めぐみ(Lantis)
Promoter: 高村友紀(Lantis)
Sales Promotion: 佐橋計(Lantis), 臼倉竜太郎, 唐川絢子(Lantis)

Supervisor: 衛藤祐一郎, 小原俊也, 山田正(Victor Music Arts)

Executive Producer: 井上俊次(Lantis)

Special Thanks: 「RDG」製作委員会



"スモルワールドロップ" Music Clip STAFF

Director: 大野敏嗣(COLORS)

Director of Photography: KIYO(EXFLARE)
Lighting: 平井達也(Office Doing)
Grip: 岩永浩司(RISE grip)

Hair & Make-up: 大橋美沙子(fringe)
Styling: ゴウダアツコ

Production Manager: 田中敦子(COLORS)
Production: COLORS


Lyrics

スモルワールドロップ

作詞:Annabel
作曲:myu
編曲:myu

君の声が
呼び合うその光へ

薄絹越しに今世界を見つめている
跳べない籠の中 翅を縮めて

風渡る森へと咲継ぐ花たちの
呼吸を真似して翅をそっと揺らせば

ほら 君の声が
硬く閉じたままうずくまるこの足元を照らすよ

刻まれた未来が遠く見えない場所でも
虞を脱ぎ捨てて 君のもとへ

触れ合わなくても伝わる確かな思いが
何度でも 向う強さになる

変わっていくために

水底に沈んだ世界を見つめている
ちっぽけな願いに耳をすまして

おしえて欲しい君を悲しませるすべて
心の眼差しで愛しさをあげるから

ほら 髪を撫でる風の向く方へ
果てしなく広がっていくパノラマ

高鳴った鼓動が遠く距離を超えていく
まっすぐ迷わずに 君のもとへ
曖昧な意思が選ぶひとつに意味は無い
本当の気持ちを叫ぶから

手を 手を 重ねていて

きっと決められた未来が白く途切れたとしても
わたしは迷わない 君のもとへ

生まれ変わる光が今透明な翅に
何度でも夢を奏でるだろう

変わっていくために



指標

作詞:Annabel
作曲:myu
編曲:myu

溜息に落とした昨日までの指標には
何も感じられない
鮮やかさも失って 凍りつくだけ

僕らはいつだってあの日の雨に打たれて
逆説的な笑み浮かべるのに必死なだけ
でも もういいって言って欲しいんだ

痛みを
もてあます
強く
引き寄せられる
光のむこうへ

揺れる 凝らす
確かな日がこの足元止めても
そうさ きみの気配が
触れてまわりはじめていく
「倦む日々はもういい」って言って
冷たい指の先でさぐりあう

輪郭をたどれば忘れてしまうユメでも
めまぐるしい夜の重なりに
現実(しんじつ)というウソを作りだしている

僕ら 何も信じてない、って駆け引きばかり
作為的な笑みを浮かべるのに必死なだけ
でも もういいんだって言って欲しい

想いを
もてあます
君に
引き寄せられる
捉われていくように

僕の中
剥離される言葉と意思 それぞれが
そうさ 焦がれ続けた君を
焼きなおすだけの倦む日々は
もういいって言って
冷たい夜の先へ混じりあう

いま ぼくのなか
剥離される 言葉 と 意思
それぞれが
焦がれ続けた君の背中を見送る

まだ揺れる 凝らす
確かな日がこの足元急かしても
そうさ 君の気配が
消えてまわりはじめていく

倦む日々はもういらない
鈍い指標はここに捨ててしまおう
It's the only NEET thing to do.
游客

返回顶部